14日にトロロッソからリブランディングされたアルファタウリのカラーリングがザルツブルグでお披露目されたが、チームメンバーはその後すぐにイタリアに戻り、15日にはミサノで新車AT01のシェイクダウンをおこなった。同チームにとって3年目となるホンダエンジンのエキゾーストノートを響かせて、まずダニール・クビアトが新車をシェイクダウン。その後、ピエール・ガスリーも新車の完食を確かめた。アルファタウリはこの車で、今季のコンストラクターズ選手権5位を目標に掲げている。写真はネイビーブルーと白がベースとなり、ホンダのロゴだけが赤で入るという、まるでホンダワークスのような配色になったアルファタウリのカラーリング。


2020シーズン情報
オフ特集
more
F1深読みNEWS
more

Pickup
more
GPアーカイブ

more
最新ニュース
more

2019GP情報


データベース


アーカイブ

  • 壁紙
  • イラスト
  • カレンダー