2020年規則変更点
サスペンション
 サスペンションはリファレンスプレーンに対して10度より、インナーアタッチメントとアウターアタッチメントを結んだ直線に垂直な平面に対して15度より大きく角度がついてはならない。
 フロントサスペンションエレメントにはフレキシブルパーツを用いることができるが、フルステアリングロック時にホイールリムとのクリアランスをつくる目的のみに限定される。ステアリングホイールの操作によってライドハイトをコントロールすることは認められない。