2020年規則変更点
ドライビング
 ドライバーは外部の手助けなく、独力で車を運転しなければならない。
 ドライバーは常にコース上を走行するよう努力し、正当な理由なく故意にコースをはずれてはならない。コースサイドの白線はコースの一部分と認識されるが、縁石はコースに含まれない。シケインのショートカットなどによって順位を上げた場合、レースディレクターの指示があれば、順位を元に戻さなければならない。
 不必要に低速、不規則、あるいは他のドライバーやそれ以外の人に危険となりえるような運転は、コース上、ピットエントリー、ピットレーンを問わず許されない。
 またセーフティーカーやバーチャルセーフティーカー導入中のドライビングについても、不必要に低速、不規則、あるいは他のドライバーやそれ以外の人に危険となりえるような運転は、コース上、ピットエントリー、ピットレーンを問わず許されない。
 ピットレーンクローズにおいては、リペアの場合を除き、ピットに戻ることはできない。違反したドライバーは10秒ストップ&ゴーベナルティーの対象となる。
 不可抗力による理由以外でコースに車をとめてはならない。決勝終了のシグナルが出たあとはただちにパルクフェルメに向かわなければならない。
 優勝したドライバーは、ほかのドライバーやオフィシャルを危険にさらさないこと、車の合法性に疑問をいだかせるような行為をしないこと、表彰式に遅れないことを条件として、パルクフェルメに戻るまでに勝利を祝うドーナツなどのパフォーマンスをしてもよい。