2020年規則変更点
ピットレーンリリース
 ガレージもしくはピットストップポジションから車をリリースするにあたっては、チームは車の前方ならびに上方から安全を確認したうえでなければならない。
 プラクティス、予選で危険なリリースをした場合、スチュワードは妥当と思われるグレッド降格処分を科すことができる。
 決勝で危険なリリースをした場合、スチュワードは次戦10グリッド降格の処分が科される。危険な発進をした車両がレースを続行できた場合はドライブスルーペナルティーが科される。10秒のストップ&ゴーペナルティーが科される。スチュワードの判断によっては、ペナルティーが追加されることもある。
 ピットレーンで事故が起こった場合、レースディレクターはピットレーン入り口を安全上の理由からレース中でも閉鎖することができる。この間、ドライバーは安全上明らかに車両修復が必要な場合を除いて、ピットレーンへ進入することはできない。
 ピットレーンで作業するチームスタッフは、予選および決勝で車がピットストップする際、ヘルメットを着用しなければならない。