ニュース
フェッテル、F1での将来を議論するには「十分な時間がある」
 セバスチャン・フェッテルは、フェラーリと2021年の契約について議論をするには「十分な時間」があると言う。
 実際彼は、若いチームメイトのシャルル・ルクレールが自身と同列のナンバー1ドライバーの地位を得たうえ、2024年末までの長期契約を獲得した現実を前に、きまりの悪い新シーズンを迎えることになる。
 チーム代表のマッティア・ビノットは、この問題はシーズン開幕後から真剣な検討を始めると述べた。
 「状況はこんな感じだよ」。32歳のフェッテルはドイツのテレビ局、RTLに語った。
 「僕らは2021年について話しているけど、2020年はまだ始まってもいない。議論するには十分な時間があると思うよ」。
 フェッテルは2019年シーズンを「徹底的に」振り返り、何がうまくいかなかったかを分析したと認めた。
 「いつも手綱は引き締めていたよ」と彼は語る。
 「でも、最終的にはチームとして十分な強さがなかった。自分にとっても良い年ではなかった」。
 「うまくいかなかったんだ」。
 内省的になっているフェッテルは差し当たり、2020年のことしか話したくないと望んでおり、彼の意識を2021年の新しい契約に向けるにはまだ「十分な時間」があると主張している。
 「3年前の状況とくらべれば、当時は8月まで(翌年の)契約がなかったんだ。
 それとあまり変わらないんじゃないかな。いつかある時点ですべてを、僕の今後のことを含めて解決する必要がある。でもそれまでにはまだ十分な時間があると思うよ」。