ニュース
バーチャル・モナコGP、エントリーリストが確定
 今週末にF1公式が開催する第6戦バーチャル・モナコGPのエントリーリストの空欄が埋まり、顔ぶれが確定した。
 フェラーリのシャルル・ルクレールは、弟のアルチュール・ルクレールとふたたび組むことになった。アルチュールはFDA(フェラーリのドライバー育成機関)に所属する育成ドライバーだ。
 アルファタウリからは、ふたたび元F1ドライバーのビタントニオ・リウッツィが出場する。チームメイトは二輪レーサーのルカ・サルバドーリだ。
 ハースは今回もピエトロ・フィッティパルディとルイ・デレトラズのテストドライバーコンビになった。
 既報(※)のように、現役F1ドライバーは過去最大の8人になる。バルテリ・ボタス(メルセデス)、シャルル・ルクレール(フェラーリ)、アレクサンダー・アルボン(レッドブル)、ランド・ノリス(マクラーレン)、エステバン・オコン(ルノー)、アントニオ・ジョビナッツィ(アルファロメオ)、ジョージ・ラッセル(ウィリアムズ)、ニコラ・ラティフィ(ウィリアムズ)が出場する。
 元F1ドライバーは2人。育成ドライバー、テストドライバー、ジュニアフォーミュラのドライバーは計4人だ。
 バーチャルのモナコももちろん狭くて抜きにくいが、現実とちがって多少の接触では車体は壊れない。積極的な追い抜きが予想される反面、派手な混乱も起きそうだ。
 ライブ配信は、世界標準時5月24日(日)の午後5時(日本時間25日(月)の午前2時)から公式サイトF1.com、YouTube、Twitch、Facebookの各F1公式チャンネルで行われる。また、ライブではないが、スポーツ専門の定額制動画配信サービス『DAZN』でも25日19時から、日本語実況付きの配信が予定されている。


【 2020年バーチャル・モナコGP】
<エントリーリスト>
メルセデスAMG:
バルテリ・ボタス
エステバン・グティエレス

フェラーリ:
シャルル・ルクレール
アルチュール・ルクレール(育成ドライバー)

レッドブル:
アレクサンダー・アルボン
カイ・レニー(サーファー)

マクラーレン:
ランド・ノリス
ピエール・エメリク・オーバメヤン(サッカー選手)

ルノー :
エステバン・オコン
ニコラ・プロスト(WECドライバー)

アルファタウリ:
ビタントニオ・リウッツィ
ルカ・サルバドーリ(二輪レーサー)

レーシングポイント:
デビッド・シューマッハ(F3ドライバー)
ルイス・フォンシ(歌手)

アルファロメオ :
アントニオ・ジョビナッツィ
ティボー・クルトワ(サッカー選手)

ハース:
ピエトロ・フィッティパルディ
ルイ・デレトラズ

ウィリアムズ :
ジョージ・ラッセル
ニコラ・ラティフィ

※関連記事は5月22日ニュース「バーチャル・モナコGPにボタスとオコンが参戦予定」を参照。