Pickup
2021年技術レギュレーションの1年延期が決定
(C)DPPI
 FIAは2021年に予定されていた新しいF1技術レギュレーションの導入を、1年延期することを正式に決定し、発表した。COVID-19感染症の流行拡大によって2020年選手権カレンダーが混乱し、世界的な株価低迷でスポンサーの離脱や各チームの経営難が予想されることが考慮された。
「FIA、F1、全チームの一致した合意により、2021年シーズンから発効予定だった技術レギュレーションは、2022年に施行を延期する。
 2020年選手権の現状と、COVID-19パンデミックがもたらす困難へのスポーツとしての対応が全関係者によってさらに協議された。これがもたらす現在の不安定な経済状況により、チームは2020年型シャシーを2021年も使用することが合意された。さらなる要素の凍結の可能性については、今後協議される。
 財務レギュレーションの導入と実施は、予定通り2021年から開始される。大幅にコスト削減するさらなる方法について、FIAとF1と全チームは協議を継続中である。
 COVID-19に関係する世界的状況のなかで、2020年カレンダーを再構築する努力をFIAとF1が続けていることについて、全チームは支持を表明した。
 以上の取り組みは関連統治機構による最終的な承認を必要とする」
 今年のシャシーを来年も継続使用するという決定により、18インチタイヤの導入も先送りになると思われる。しかしそのような「さらなる要素」については追って発表されると思われる。
 先送りが決まったのは技術レギュレーションのみであり、発表文にもあるとおり、コストキャップ制を主眼とする財務レギュレーションの実施予定は変わらず、2021年から導入される。