Pickup
バーチャルGP第4戦ブラジル参加者発表。サインツは離脱、現役6人に
バーチャルGPに唯一、現役ドライバーが2人揃って参戦しているウィリアムズ/ラッセル(左)とラティフィ(右)(C)DPPI
 今週末のバーチャルGPの最終エントリーリストが発表された。マクラーレン勢はカルロス・サインツが離脱し、かわりにランド・ノリスが残った。現役F1ドライバーはノリスのほか、シャルル・ルクレール、アレクサンダー・アルボン、アントニオ・ジョビナッツィ、ジョージ・ラッセル、ニコラ・ラティフィとあわせて6人になった。とはいえノリスはこれまで回線トラブルを理由にほとんど走っていない。今回はちゃんと走れるだろうか。
 メルセデスAMG勢は今回もストフェル・ヴァンドーンとエステバン・グティエレスを出場させており、この元F1ドライバーをあわせればF1経験者は8人になる。
 ジュニアカテゴリーのドライバーとしては、エンツォ・フィッティパルディ(フェラーリ)とデビッド・シューマッハ(レーシングポイント)が新たに加わった。エンツォはピエトロ・フィッティパルディの弟で、今回はフィッティパルディ家から2人が参加することになる。デビッドはラルフ・シューマッハの息子で、ミック・シューマッハの従兄弟にあたる。この2人をあわせてジュニアカテゴリー系のドライバーは6人だ。
 他カテゴリーからは既報のようにWRC元チャンピオンのペター・ソルベルグがルノーから参加する。その他の参加枠はいつものように他競技選手やゲーマーで埋められる。
 ライブ配信は、世界標準時5月3日(日)午後5時(日本時間4日午前2時)から公式サイトF1.com、YouTube、Twitch、Facebookの各F1公式チャンネルで行われる。

【 2020年バーチャルGP in インテルラゴス】
<エントリーリスト>
メルセデスAMG:
ストフェル・ヴァンドーン
エステバン・グティエレス

フェラーリ:
シャルル・ルクレール
エンツォ・フィッティパルディ(育成ドライバー)

レッドブル:
アレクサンダー・アルボン
ベン・ストークス(クリケット選手)

マクラーレン:
ランド・ノリス
イェレ・ヴァン・ヴフト(ゲーマー)

ルノー:
クリスチャン・ルンガー(育成ドライバー)
ペター・ソルベルグ(WRCチャンピオン)

アルファタウリ:
スチュアート・ブロード(クリケット選手)
アレッシオ・ロマニョーリ(サッカー選手)

レーシングポイント:
デビッド・シューマッハ(F3ドライバー)
ジミー・ブロードベント(ゲーマー)

アルファロメオ:
アントニオ・ジョビナッツィ
ファン・マヌエル・コレア(元F2ドライバー)

ハース:
ピエトロ・フィッティパルディ(テストドライバー)
ルイ・デレトラズ(テストドライバー)

ウィリアムズ :
ジョージ・ラッセル
ニコラ・ラティフィ

<配信先URL>
F1公式サイト
https://www.formula1.com

F1公式YouTubeチャンネル
https://www.youtube.com/user/Formula1/featured

Twitch
https://www.twitch.tv/formula1

F1公式Facebook
https://www.facebook.com/Formula1/